ファクタリングと売掛債権保証の違いは

###Site Name###

企業の運営にとって、資金の枯渇は血を失うの同じで、決済において不当たりを生じさせてしまうと倒産の憂き目をみることになり、せっかく事業内容が健全でうまくいっていて何の意味をもたないことになります。

ましてや創業した当初は、与信が不足して銀行への融資を依頼しても断れることもあり資金繰りには細心を払うべきです。


こうした事態への対処として、売掛債権の売却により資金融通を効かせるファクタリングがあります。

コトバンクの特徴を紹介するサイトです。

これに対して、売掛債権保証という制度があります。



この制度は、売掛債権が不良債権化したとき、回収不能を保証会社が保障してくれる事後が発生したときの保険のようなものです。

両者の違いですが、ファクタリングは現金化できることに対して、売掛債権保証は、すぐに現金化できず、債務の履行を保証するもので返済期日までは現金になりません。

ファクタリングとはの情報を提供中です。

またファクタリングよりも手数料たる保証料は安いとの違いがあります。しかしファクタリングはすぐに現金化できるが、安く評価されて手数料もばかにならないのでは指摘もありそうですが、ビジネスにとって時は大切でいくら保証で確実に将来現金になっても、ビジネスチャンスを逃してしまったあとの現金では意味は薄く、キャッシュフローの観点からたとえ手数料が高く思えても、現在の良い状況を利用して時という利益だけでなく、現金でも取引を活かしたビジネスも想定されるので、売掛債権保証よりも、うまくファクタリングを活用するべきです。